通販型保険の動き | 数ある保険に迷ったら

通販型保険とニーズ

インターネット」の普及により、保険のありかたもさまざまなものとなりました。
従来からある代理店型保険の会社から、電話やインターネットのWEB上で保険の相談や加入までできる通販型保険までと市場にはたくさんの種類の保険が出回っています。

代理店型の保険の場合は、両親などにすすめられて加入する場合が多いのではないでしょうか。
保険の仕組みや組立方法が分からない若い人には、営業の担当者に会って話を聞けるといった点や、なにかあったときに気軽に相談できるといった点、または両親から親子代々のつきあいで信頼できるなどが需要の理由のようです。
ただ、月額の保険料金は通販型に比べて高くなる点が大きな欠点です。

通販型保険の場合は、なんといっても料金の安さが大きなニーズとなっています。
代理店型保険でも団体割引などさまざまな割引がありますが、ほとんどの場合は通販型保険のほうが安くなります。
また、来店などの手間がいらないというのも、最近の若い人には人気のようです。
インターネットや電話一つで24時間365日のいつでも保険の見直しができるというのも、一つのメリットです。
代理店型保険の場合は、営業日や営業時間などを考慮し自分の予定とを合わせてアポイントのあと保険の相談となり、少し手間がかかるのに比べ、早朝や深夜でも保険の更新や契約内容の確認ができることはとてもありがたいことです。
また、リスク細分型というのも魅力の一つです。
ゴールド免許の場合や年間走行距離が少ないなど事故の危険が少ない人は、それだけで保険料が安くなるということです。
それに加え、インターネットの申し込みや、保険証券を発行しないことによる割引、余計なパンフレットや書類の節約などにより、
通販型保険ならではの割引がたくさん用意されています。

通販型保険の販売当初は、担当者もいないで保険を全て自分で選べるのかという不安や、事故のときの対応はどうなのかという不安から懸念する人も多くいましたが、今ではサービスも充実し、利用者からの満足のいく声もあり、市場のニーズは年々増えている傾向にあります。
また、今では社会での浸透もとても濃いものとなりました。