通販型保険のこの先の見越し | 数ある保険に迷ったら

通販型保険と普及

保険というと、保険代理店から購入するのが一般的だったのですが、現在では通販型保険が普及し始めています。なぜ普及しているのかというと、コストを抑えることができるからだといえるでしょう。保険代理店が保険商品を販売するために、もっとも多くかかる費用が人件費だと考えられます。多くの人が売り歩かなければなりませんから、人件費の負担は大きくなるのです。人件費がかかれば、それは当然のことながら保険料に上乗せされます。そのために、日本の保険は高かったとも考えられるのです。
通販型保険の場合には人件費を抑えることができます。そのために、保険代理店を通して契約をするよりも、保険料を格段に抑えることができるのです。消費者としては保険料が安いのは歓迎すべきことですから、人気を集めているといえるでしょう。
このように、通販型保険は保険料が安いという特徴があるのですが、よいことばかりではないという点に注意しておかなければなりません。従来、保険代理店を通して購入するときには、営業マンが保険商品についていろいろと教えてくれたものです。そして、人生全体を見てどの保険がよいのかということのアドバイスもくれたのです。保険の見直しについても営業マンがいろいろとアドバイスをくれたのですが、現在ではこれらのことは自分で行わなければなりません。
自分で保険商品を選び、そして見直しの時期も自分で設定するということが必要となってきています。そのためには、当然のことですが消費者自身が保険について学ばなければならないのです。保険というのは、ただ単に保障があればよいというものではありません。資産形成に用いることもありますから、世界経済の動向を知っておくことや金利動向を知っておくことなども必要となってくるわけです。
このように、通販型保険にはメリットもありますがデメリットもあるということを知っておく必要があるでしょう。保険料が安い分だけデメリットもあるものなのです。