終身型生命保険の動き | 数ある保険に迷ったら

終身型生命保険のメリットデメリット

終身型生命保険というのは、加入したときに年齢から亡くなるまでのリスクを保険の料金に反映させます。
ですから若い時には割高の印象を持ちますが、経年しても保険料が変わらないという安心感があります。
それに対して定期型生命保険は、加入年齢から10年間の危険度に応じて生命保険の料金が設定されます。
よって若い時には特約などを充実させても保険料は安いのですが、同じ条件でその契約を継続させようとすれば、40代あたりからグッと上がってしまいます。
危険度が上がったときには、保険の契約内容を見なおさなければならないということになってしまうのです。
ようするに「これから病気になるのに、保険の内容を下げなければ払えないほど高額の保険料になってしまう」ということなのです。
終身型生命保険の大きなメリットはやはり、一生涯保険料が変わらないということです。
また60才払い済みなどに設定しておくと、60才以降は支払いがないまま保証だけが残るということになります。
終身払にしていた場合は同じ保障内容を付けていたとして、定期型と終身型であれば、60才までの払込金額は実際終身型のほうが高くなります。
しかし60才以降の保険料は定期型の場合、とんでもなく高額。
ここからどんどん終身型のお得感が増してゆくということになるのです。
終身型保険のメリットは、この60才以降の負担が少ないということにあります。
もともと終身保険という貯蓄性が高く保障も得られるというシンプルな形が生命保険でした。
それが人間一人の価値意識がかわり、死んだ時の保障を重視する様になってから、「その時に死んだとしたらいくら必要か」というところからリスクを計算するという「定期型保険」が開発されました。
その考え方でいけば、保障は子どもが成人するあたりから段々と削減して良いというものになりますから、10年更新型の定期型生命保険のメリットもあるのです。
しかし死んだ時よりも生きて払う保険料が大変ということから、終身型生命保険が人気となりました。
長生きすることを見越して、一生涯保険料が変わらない終身型生命保険にメリットを見出す人が増えたのです。